大腸カメラ

大腸カメラとは

大腸カメラ検査は、大腸ポリープなどの病変を早期に発見できる検査です。日本では、大腸がんの発症率が増加傾向にあります。大腸がんのほとんどは、大腸ポリープが進行することで発症します。また、大腸がんは早期発見・早期治療によって根治できる疾患のため、定期的に大腸カメラ検査を受けることをお勧めしております。
当院では、最新の内視鏡システムを導入し、内視鏡専門医・指導医による正確な検査を実施しております。特に、大腸ポリープや大腸がんの早期発見は、大腸カメラ検査でのみ可能です。大腸カメラ検査をご検討の方は、どうぞお気軽に当院までご相談ください。

大腸カメラ検査が選ばれる理由

1消化器内視鏡学会専門医・指導医による検査

大腸カメラ検査が選ばれる理由当院では、豊富な経験と高い技術を有する消化器内視鏡学会専門医・指導員による、正確・精密な検査及び診断を行っております。検査結果についても、患者様が分かりやすいように丁寧にご説明しております。地域のかかりつけ医として、親身な検査・診断を心がけております。検査について不明なことがありましたら、お気軽にご質問ください。

2鎮静剤を使った苦痛のない無痛内視鏡検査

鎮静剤を使った苦痛のない無痛内視鏡検査大腸カメラ検査が苦手な方や不安な方でも、苦痛のない検査が可能です。当院では、患者様の苦痛を最小限に抑えるために、鎮静剤を用いた無痛内視鏡検査を行っております。患者様の体格や年齢・服薬中の薬・既往症などに応じて、鎮静剤を調整します。また、検査を終えたら、車やバイクの運転はできません。検査当日は、ご家族などの送迎をお願いして、運転は控えてください。

3検査後はリカバリールームにてお休みください

検査後はリカバリールームにてお休みください大腸カメラ検査が終了しましたら、鎮静剤から覚醒するまでリカバリールームで安静にお休み頂けます。

4細くて柔らかいスコープをご用意

当院の大腸カメラ検査は、極細の軟らかいスコープを使用しております。痛みなどの苦痛を軽減し、楽に検査を受けられるように配慮しております。大腸カメラ検査が苦手な方や、以前に嫌な思いをした方などは、お気軽にご相談ください。

5特殊光による詳細な内視鏡診断(NBI)

NBIという特殊な光によって、通常の観察では難しい粘膜表面の極細の毛細血管まで確認することができ、微細な病変を発見することができます。当院では、オリンパス社の最新内視鏡システムを導入し、病変の早期発見が可能です。

6苦痛の少ない挿入法

大腸カメラ検査では、大腸が押されたり引き延ばされる際に生じる圧迫により苦痛が生じます。当院では無送気軸保持短縮法によって、空気を送り込まず腸の圧迫を防ぎます。また、極細の内視鏡スコープを用いるため、患者様の苦痛を最小限に抑えた検査が可能です。

7大腸ポリープ切除

大腸ポリープ切除当院では、大腸カメラ検査の途中で大腸ポリープが見つかった場合、その場で大腸ポリープの切除を行います。大腸ポリープが進行すると、大腸がんを発症する可能性が非常に高いため、大腸カメラ検査で微細な病変やポリープを早期に発見し、的確な処置を行います。

8土曜日の検査が可能

当院の胃カメラ検査・大腸カメラ検査は、土曜日も実施しております。また、平日は忙しくて来院できない方などは、ぜひ土曜日の内視鏡検査をご利用ください。

9院内での前処置が可能

院内での前処置が可能当院では、大腸カメラ検査の前処置を院内で行って頂けます。大腸カメラ検査の実施前には、下剤服用を行って腸をきれいにする必要があります。何度も便意が起きたり、腹痛が起きたりするため、ご自宅での前処置が不安な方は、院内で行って頂けます。
当院では、プライバシーに十分配慮した、トイレ付き個室で前処置を行うことができます。下剤服用に不安な方や初めて受けられる方は、お気軽にご利用ください。

10男女別の更衣室・待合室

検査着にお着換えいただく際は、男女別の更衣室をご用意しております。また、待合室も併設しておりますので、お着換えしたあとはそのままお待ちいただけます。
検査までゆったりお過ごしいただけます。

11お腹の張りを抑える炭酸ガス送気(CO2)

お腹の張りを抑える炭酸ガス送気(CO2大腸カメラ検査時に行う送気を、通常の空気に代わって腸吸収の早い炭酸ガスを用いて行います。これによって、大腸カメラ検査後特有のお腹の張りや、長時間残る不快感を解消できます。

検査の流れ

Step1前日

前日前日の夕食は、消化の良い食事を21時までに済ませてください。夕食を軽めに摂るか、検査食を摂って頂き、その後は検査終了後まで食べることができません。また、水分補給として、水や薄いお茶などの透明な飲み物、糖分のない飲み物をお摂りください。
前日の就寝前には、下剤服用をします。また、抗血栓薬や糖尿病のお薬を服用している方は、必要に応じて休薬を行うため、医師の指示に従ってください。

Step2当日朝

当日朝<内視鏡検査の6時間前に下剤服用を行います。下剤を大量の水に溶かして飲みます。ゆっくりと少しずつ飲みながら大腸をきれいにします。下剤服用によって、腹痛や便意を繰り返すため、心配な方は当日朝、院内で下剤服用してください。なお、胃腸薬や坐薬・痔の軟膏などはお控えください。検査が終了するまでには、水分摂取は最小限に抑えて頂きます。

Step3来院

来院検査予約時間の約30分前にご来院ください。ご自宅で下剤服用の前処置を行って頂きますが、下剤服用が不安な方や心配な方は、院内での前処置が可能ですので、早めにご来院ください。問診を行った後に、検査着に着替え、鎮静剤投与を行い準備を整えます

Step4検査

検査当院では、鎮静剤を用いて検査を行うため、リラックスして頂きながら受けて頂けます。また、検査の途中で大腸ポリープが見つかった場合は、その場で切除治療を行います。また、微細な病変などは組織の一部を採取して、病理検査に出すことが可能です。検査所要時間は約30分程ですが、病変の切除などによって多少異なります。なお、切除による痛みや苦痛はないため、ご安心ください。

Step5検査後

検査後検査終了後は、目が覚めるまでリカバリールームでゆっくりとお過ごしいただきます。後日診察時に、検査の説明を行います。検査の画像に基づいて、医師が丁寧に説明します。また、組織の一部を病理検査に出した場合は、結果が分かるまでに約2週間程かかるため、再度来院時にご説明させて頂きます。

Step6ポリープ切除後の注意と制限

ポリープ切除後の注意と制限ポリープ切除を行った日は、入浴・飲酒・喫煙は禁止です。また、夕食は消化の良い食事を軽く摂るなど、腸に負担がかからないようにしてください。入浴については、シャワーは可能です。ポリープ切除後約1週間は、激しい運動や腹圧のかかる姿勢などは控えてください

検査費用

検査費用の目安の金額です。実際の診療内容によって金額は変動致します。

  1割負担 3割負担
大腸カメラ検査のみ 約2,000円程度 約6,000円程度
大腸カメラ+生検病理検査 約3,500円~約
5,000円程度
約11,000円~約
17,500円程度
大腸ポリープ切除 約7,000円~約
9,000円程度
約20,000円~約
25,000円程度
TOPへ